【オークス】栗東レポート~リリーノーブル(藤岡師)

☆20日(日)東京競馬場で行われる第79回優駿牝馬(オークス)(GI)に出走を予定しているリリーノーブルについて追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎リリーノーブルについて、藤岡健一調教師

・(桜花賞は)いい競馬はしてくれました。ラッキーライラックには詰め寄ってこの馬らしい競馬はしてくれました。瞬発力でもいいところをみせてくれましたが、勝ち馬が強かったので、(次のレースに向けて)修正していかなければと思いました。

・折り合いというのが課題だったので調教でできるだけテンションを上げないようにフォームなども修正しつつ、やってきたことが上手くいって折り合いに関しては問題なかったですし競馬でもそれが伸びにつながりました。結果良かったのではないかと思っています。

・デビューしてから身体自体が大きくなりましたし、精神的にも落ち着きが出て成長を感じます。
(中間は)前回(桜花賞時)やってきたことが上手くいっています。ですからその点を踏襲して折り合い、瞬発力を発揮できるよう同じようにやってきました。 追い切りも前半折り合いに専念して最後瞬発力をつけるために上がり重点にやりました。

・今朝の追い切りは今回距離が延びて折り合い面をもっと大事にしたかったので単走でやってきました。(前走時も)それで上手くいきました。ゆっくり入って1ハロンはキッチリとやって欲しいと言う指示でした。前半からスピード感があって上がりは伸びていましたから動きに関しては問題ありません。前走(桜花賞)時もよかったので今回はどの程度かということですが少なくとも桜花賞当時より馬の力はついていると思うのでその分プラスになっていると思います。

・2400メートルに関して血統的には心配はしていません。大切なのは折り合いだけと思っています。左回りに関しては新馬戦で経験があります。ただその後の重賞戦線とは比較にはならないと思いますが強い勝ち方でしたし東京競馬場は合うと思います。パワーがあるので馬場もやや重ぐらいなら問題ないと思います。

・桜花賞の上位二頭には負けているということもあります。ただそこに差を詰めていける段階にはあると思うのでなんとか逆転できるようにここまでやってきました。自分の競馬に徹してなんとか逆転したいところです。なんとかこの馬をGI馬に仲間入りさせられるよう頑張りたいと思いますので応援して下さい。

〔取材:檜川彰人〕


ソース元:ラジオNIKKEI

必見!重賞予想

菊花賞
今年の菊花賞は、絶対的な本命馬が不在。どの馬にもチャンスがあり、波乱になる可能性も考えられます。弊社では、血統・コース適正・直近の状態を精査し、厳選した情報を会員様に提供致します!

続きをチェック

WIN5予想へ

最近の的中ランキング

1位競馬タウン

10月13日 京都6R 3歳上500万下
506万8900円 獲得!!

今週の予想を見る

2位勝ちKEIBA

10月13日 新潟12R 稲光特別
293万5050円 獲得!!

今週の予想を見る

3位高配当XXX

10月13日 新潟12R 稲光特別
293万5050円 獲得!!

今週の予想を見る

ランキングをチェック