JRA職員2名、東京オリンピック馬術競技日本代表候補に選出

東京2020オリンピック大会馬術競技(馬場馬術)の日本代表候補選手が(公社)日本馬術連盟から発表され、JRA職員で馬事公苑所属の北原広之選手、佐渡一毅選手が選出された。

北原選手は1971年9月13日生まれの49歳、明治大学(馬術部)出身。佐渡選手は1985年2月20日生まれの36歳、京都産業大学(馬術部)出身。オリンピックの馬術競技にJRAの職員が出場するのは、2000年シドニー大会の布施勝氏(総合馬術)以来となる。

(JRA発表による)





ソース元:ラジオNIKKEI

必見!重賞予想

宝塚記念
波乱の多いこのレースで、クロノジェネシス・レイパパレのワンツーなんてほぼあり得ません。穴馬を積極的に狙うべきでしょう。特に推したいのは・・・馬券の鬼が的中に直結する無料情報をお届け!

続きをチェック

WIN5予想へ

最近の的中ランキング

1位大川慶次郎

6月20日 東京11R ユニコーンS
793万4000円 獲得!!

今週の予想を見る

2位血統シックス

6月19日 札幌8R 3歳上1勝クラス
507万6300円 獲得!!

今週の予想を見る

3位ARCANUM

6月20日 東京11R ユニコーンS
396万7000円 獲得!!

今週の予想を見る

ランキングをチェック